2020.06.05 | PRESS RELEASE

C CHANNEL、新型コロナウイルスに関するアンケートを実施
〜F1層の緊急事態宣言解除後の動向は?〜
やりたいことトップは「友だちに会う」、買いたいものは「衣類」と「化粧品」

C Channel株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社⻑:森川 亮)が運営する日本最大規模の女性向け動画メディア「C CHANNEL」は、メイン視聴者であるF1層に向けて緊急事態宣言解除後に関する意識調査を実施しました。

 

<TOPICS>
・新型コロナウイルスにより収入が減った方の7割が洋服代を節約
・買いたいものトップは「外出用の衣類」、「化粧品」
・やりたいことトップは「友だちに会う」

 

■ 今後、やりたいことのトップは「友だちに会う」
・トップは「友だちに会う」(84.6%)、次いで「外食」(74.2%)、「国内旅行」(68.3%)と続く。

質問:新型コロナウイルスの感染リスクが少なくなり外出が自由になったら、行いたいこと(やってみたいこと)を教えてください。 (有効回答数240/複数回答)

 

■買いたいものトップは「外出用の衣類」と「化粧品」が同率
・トップは「外出用の衣類」と「化粧品」が(60.4%)、次いで「趣味」(55.4%)、「普段使いの衣類」(55.0%)と続く。

 

・後述の設問でもあるが、一時的に消費は減ったが、F1層のお洒落したい、かわいくなりたいという欲はなくならないことから、かわいくなるジャンルの消費が増えていくかもしれません。

質問:新型コロナウイルスの感染リスクが少なくなり外出が自由になったら、買いたいもの、お金を使いたいものであてはまるものすべて教えてください。(有効回答数240/複数回答)

 

■新型コロナウイルスの影響で、仕事やアルバイトに影響があったのは約4割
・新型コロナウイルスにより収入が減ったのは38.4%(「減った」と「休業した」の計)。

質問:新型コロナウイルスの影響で、お仕事やアルバイトの就業時間や日数(シフトなど)に影響があったか教えてください。 (有効回答数240/単数回答)

 

■「娯楽費」と「洋服代」を節約したのが7割
・トップは「娯楽費」(69.6%)、次いで「洋服代」(68.5%)、「交際費」(57.6%)と続く。

 

・「娯楽費」、「洋服代」、「交際費」が上位なのはF1層が外出の自粛を行っていたことの現れもあると推測されます。

質問:就業時間や日数(シフトなど)が減った方にお聞きします。減った期間、お金を節約したこと、買うのを我慢したものをすべて教えてください。(有効回答数92/複数回答)

 

■今後のアルバイト選びや就職活動、転職活動について心境の変化(自由記述式)
・オンラインのバイトをしたい。(20歳)
・テレワークができる仕事にしたいと思った。働き方に柔軟さができる企業とか。(30歳)
・医療関係の仕事をしているのでつぎは緊急事態宣言がでたら休業になり尚且つ給料の補助が100%出るところで働きたい(24歳)
・看護師の方を癒す仕事がしたい(28歳)
・地方からでもフルリモートで働けるのでは、と考えるようになった(24歳)
・収入源がひとつでは不安(28歳)

 

質問:今後のアルバイト選びや就職活動、転職活動について心境の変化はあった場合、自由にお書きください。(任意/記述式)

 

【調査概要】
・調査対象者
C CHANNELアプリ及びInstagramのC CHANNELアカウントをご利用の全国20~34歳の女性
・調査方法
インターネット調査
・サンプル数
240ss
・実施期間
2020年5月30日~31日

 

■「C CHANNEL」とは
女性の“知りたい!”を1分動画で解決する、日本最大規模の女性向け動画メディア。女性の関心が高いテーマを中心に、短い時間で手軽に視聴できる縦型動画をクリッパー (ネイリスト、美容師、インフルエンサーなど)と共に撮影・制作し、日本・世界に向けて発信しています。

 

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

本件、当社に関するお問い合わせ先
  • 担当者 C Channel株式会社 広報担当:福永
  • TEL 03-6453-6893
  • FAX 03-6453-6894
  • MAIL info@cchan.tv

お問い合わせ