2021.10.08 | PRESS RELEASE

C CHANNEL、リブランディングに伴い 「LGBTQ」や「フェムテック」に関するコンテンツ配信を本格的にスタート〜メディアコンセプト「誰もがわがままでいられる時代へ」実現に向けて〜

C Channel株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:森川 亮、以下「当社」)が運営する『C CHANNEL』 (https://www.cchan.tv/ )は今年7月にリブランディングを実施し、メディアコンセプトを「誰もがわがままでいられる時代へ」へ変更しました。リブランディング後は、新しく配信を開始した「ライフスタイル便利グッズの紹介」や「悩みを解決する専門家コンテンツ」等で視聴者の皆様の反響がありました。

 

新メディアコンセプトには視聴者の皆様の「自己実現」や「自己需要」を後押ししたいという想いが込められています。また、これらを実現したその先の「他者貢献」実現までも『C CHANNEL』と一緒に叶えてほしいと考えます。今回は、新メディアコンセプトに沿ったコンテンツとして「LGBTQ」や「フェムテック」等、今までの『C CHANNEL』とは一味違うコンテンツの配信が決定しましたのでお知らせいたします。

 

【LGBTQコンテンツについて】
「そもそもLGBTQとは何か」、「日本、そして世界でLGBTQに関してどのような動きがあるのか」を題材に配信します。第一弾はC CHANNEL公式Instagram(@cchannel_jp)にて2021年10月10日(日)に公開予定です。このコンテンツは「“見た目だけ可愛い”では無い自分へ」をテーマに、世界で起きている様々なことを知っていただくことで、自分だけでなく「他者への貢献」にもつなげていってほしいという想いを込めています。

【フェムテックコンテンツについて】
今後、 『C CHANNEL』ではフェムテックに関するコンテンツも継続的に配信します。第一弾は10月中旬を予定しており、最新吸水ショーツの特集やPMS・生理痛などを緩和してくれるアロマサービスのご紹介をしていきます。このコンテンツには自分の体をもっと知ってもらい、普段辛いと思っていることも実は快適にすることが可能であるということをお伝えし「女性の悩みを解決していきたい」という想いを込めています。

 

今後も『C CHANNEL』は新メディアコンセプトに沿ったコンテンツを定期的に配信予定です。LGBTQやフェムテックに加えて「下着のリサイクル」など環境配慮にフォーカスを当てたコンテンツも準備しています。

 

【C CHANNELとは】
日本最大級のライフスタイル提案メディア。誰でも、思い思いの「なりたい自分」がみつかります。

 

「誰もがわがままでいられる時代へ」をメディアコンセプトに、理想の自分を叶えるヒントを与えて、ユーザーとその時代をいきいきと彩ります。幅広いコンテンツをすべて自社制作して配信するオリジナリティが魅力。ファッションやメイクから、レシピ、DIYまで、自分をもっと好きになる、最新情報を日々アップデイトしています。

 

▼C CHANNELの媒体資料は下記URLよりご覧いただけます。
https://qr.paps.jp/LCGNl

 

▼C CHANNELリブランディングの裏側を当社のブログで公開しています。
https://note.com/cchannel_japan/n/n7b9168fee953

 

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ